Home > ワークショップ事業 > シードボール作り

シードボール作り Archive

今年の夏もシードボール作り講座を開催しました。

夏休み初日、かごしま環境未来館講座 ~親子でたねの泥だんご(シードボール)づくり~を開催しました。
倍率2倍の抽選で選ばれた13組41人の親子と、熱心で賑やかな講座となりました。
眠るタネを載せた舟の話や地球のように見えないモノを想像する話、未来のように見えないコトを想像する話も、子どもたちは一生懸命聞いていました。子どもたちに描いてもらった家族との未来予想図の通りになって欲しいなぁと思います。

土と種の準備に手間ひまがかかりますが、その分だけシードボールに込められた創始者の思いは伝わるようです。コロコロとお団子を作るのは、ほんの10分程度で終わりますが、手を汚して作る中で、土から地球の優しさや愛の深さが伝わるのかもしれないですね。
子供たちの感想を読んで嬉しくなるひとときもまた楽しみな私にとっての夏休みを知らせるワークショップです。
今年も手応えのある楽しい講座となりました。

 

20160721seed_01 20160721seed_02
20160721seed_03 20160721seed_04
20160721seed_05 20160721seed_06
20160721seed_07 20160721seed_08
20160721seed_09 20160721seed_10
20160721seed_11 20160721seed_12
20160721seed_13 20160721seed_14
20160721seed_15 20160721seed_16
20160721seed_17

※シードボールとは?

日本の自然農法の創始者といわれる福岡正信さんが発案した農法のこと。
粘土に種子を入れて団子を作り、それを蒔くという方法です。
種子を粘土で覆うことにより、鳥や虫のエサになることを防ぎ、種子自身を乾燥から守ります。また、球体にすることで割れにくくもなっています。

与えらえた環境や条件に合うものだけが芽を出し成長できるという「地球に選ばせる植生」は、地球環境に負荷を与えない緑化を進める事ができるのです。

その与えられた環境や条件で模索し、まだ見ぬものを追及し、画策し、悩み、それでも成果が得られない事もあれば、何か関与できない大きな力によってもたらされたかと思うほどの作品ができあがることもある、そのことが、「アート」にとてもよく似ているなぁと思ったのが、このシードボールワークショップを始めたきっかけです。

このシードボールは、世界中で砂漠の緑化の方法のひとつとしてワークショップが行なわれています。

砂漠の緑化では、球体であるシードボールが、地面と接した一点に日中と夜との気温差で生じた結露による水分が集まり、発芽させる仕組みになっています。

その土地の土や粘土、在来種の植物の種を約100種類ほど混ぜて作ります。水分の極端に少ない砂漠では、その朝露一滴で命が育まれてもいるのです。

たまたま地面と接したところに居合わせた、その土地に合う植物だけが芽を出せるという奇跡を待つシードボールは、地球に寄り添い、未来に夢とロマンをつなぐ素晴らしい取り組みだと思っています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

シードボール作り講座 ~親子でたねの泥だんご(シードボール)づくり~

160721dorodango_1

 160721dorodango_2

 sdws01

sdws02

sdws03

sdws04

PandAでは、2010年のオーガニックフェスタへの出展の際に、シードボールワークショップを企画開発して以来、2011年の全国都市緑化フェア鹿児島県大会やかごしま環境未来館での講座など、多くの方に体験していただきながら、ワークショップそのものを育ててきました。

ぜひこの機会に、コロコロと泥団子を手の上で転がして、ワークショップそのものを一緒に育ててみませんか。

 

かごしま環境未来館 シードボール作り講座
~親子でたねの泥だんご(シードボール)づくり~

7/21(木) 10:00~12:00

かごしま環境未来館 1階実験学習室

主催 かごしま環境未来館

受講料 1組500円

定員 12組30人程度(応募者多数の場合は抽選)

対象 鹿児島市内に住むか、通勤・通学する4歳以上とその保護者

持ってくるもの 帽子・飲み物・動きやすい服装・タオル・筆記用具
色鉛筆・クレヨン・水入れ(プリンカップ1個)
土をこねる時に敷くゴミ袋 ※お持ちの方は、かごしまリユースポイントカード(当日作成可)

 

申込方法
未来館窓口かホームページの申込フォーム、往復はがき、FAX、Eメールのいずれかに、下記の内容をご記入の上お申し込みください。
①講座名 「親子でたねの泥だんごづくり(7月21日開催)」
②郵便番号、住所
③氏名(ふりがな)※参加する方全員のお名前、年齢をご記入ください。
④年齢・学年
⑤連絡先 (電話、FAX)
⑥お持ちの方はEメールアドレス
⑦託児 (6か月~小学2年生) 希望者は子どのの氏名(ふりがな)、年齢

申込締切 7月12日(火)必着
締め切り後に当落の通知を差し上げます。
メールでお申し込みの方は、kouza@kagoshima-miraikan.jpからのメールを受信可能に設定してください。
往復はがきでお申し込みの方は、到着までに時間がかかる場合があります。ご了承ください。

申込・問合せ先
〒890-0041 鹿児島市城西2丁目1-5
かごしま環境未来館
担当 丸山(まるやま)、稲留(いなとめ)
休館日 月曜(祝日の場合はその翌日)
TEL 099-806-6600
FAX 099-806-8000
E-mail kouza@kagoshima-miraikan.jp
かごしま環境未来館HP http://www.kagoshima-miraikan.jp

 

シードボールとは? 

日本の自然農法の創始者といわれる福岡正信さんが発案した農法のこと。
粘土に種子を入れて団子を作り、それを蒔くという方法です。
種子を粘土で覆うことにより、鳥や虫のエサになることを防ぎ、種子自身を乾燥から守ります。また、球体にすることで割れにくくもなっています。

与えらえた環境や条件に合うものだけが芽を出し成長できるという「地球に選ばせる植生」は、地球環境に負荷を与えない緑化を進める事ができるのです。

その与えられた環境や条件で模索し、まだ見ぬものを追及し、画策し、悩み、それでも成果が得られない事もあれば、何か関与できない大きな力によってもたらされたかと思うほどの作品ができあがることもある、そのことが、「アート」にとてもよく似ているなぁと思ったのが、このシードボールワークショップを始めたきっかけです。

このシードボールは、世界中で砂漠の緑化の方法のひとつとしてワークショップが行なわれています。

砂漠の緑化では、球体であるシードボールが、地面と接した一点に日中と夜との気温差で生じた結露による水分が集まり、発芽させる仕組みになっています。

その土地の土や粘土、在来種の植物の種を約100種類ほど混ぜて作ります。水分の極端に少ない砂漠では、その朝露一滴で命が育まれてもいるのです。

たまたま地面と接したところに居合わせた、その土地に合う植物だけが芽を出せるという奇跡を待つシードボールは、地球に寄り添い、未来に夢とロマンをつなぐ素晴らしい取り組みだと思っています。

 

シードボールについてのお問合せは

NPO法人PandA(ぴーあんどえー) 担当:早川

TEL:099-295-3115
mail:panda@npo-panda.jp

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

かごしま環境未来館 シードボール作り講座

かごしま環境未来館 シードボールワークショップ

かごしま環境未来館で行われたシードボール作り終了!

種の説明も丁寧に。小さい種ばかりに驚く子供たち。
種を、ふるった土にまぜて、まとまった材料をいよいよ泥団子に!
ころころと、ミニトマトくらいの泥団子を作ります。できたシードボールは、中の種が発芽しないように、すぐに乾燥させます。
講座の最後は、シードボールに入れた種が、芽を出し、大きくなった未来の様子や、その時に家族が笑っている風景を描いてもらいました。
きちんと描き分けてるし、夢の広がるいい絵ばかり!

今年は、10月18日(土)地域まるごと環境フェスタin郡山でのシードボール作りが最後です。

どなたでもご参加できます。お待ちしております。

seed03seed04
seed01 seed02
seed05 10488234_677420069000235_3736670358157692782_n
seed06 seed07
seed08 seed09
seed10 seed11
seed12 seed13
seed14 seed15
10488085_677421849000057_1887916124789144288_n 10464400_677420342333541_8177703395085843607_n
 10407003_677420315666877_3584485587082308919_n 10346110_677421802333395_4157556803321501570_n
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

シードボールについて想うこと。 ワークショップ開催します!

20140408earth (1)

PandAでは、2010年のオーガニックフェスタへの出展の際に、シードボールワークショップを企画開発して以来、2011年の全国都市緑化フェア鹿児島県大会やかごしま環境未来館での講座など、多くの方に体験していただきながら、ワークショップそのものを育ててきました。

今回、アースディかごしま2014のテーマが「いっしょにソダテル やさしさのたね」ということで、実行委員のみなさまから熱烈なラブコールをいただき、DanballHouse作りとともに出展することとなりました。

テーマに沿ったワークショップとして、どなたでもご参加いただけるよう、無料ワークショップとしました。

ぜひこの機会に、コロコロと泥団子を手の上で転がして、未来につながる夢をみていただければと思ってます。

 

シードボールワークショップ

アースデイかごしま2014
―いっしょにソダテルやさしさのたね―

日時:4月20日(日) 10:00~16:00

ワークショップ参加料:無料

会場:鹿児島中央公園(テンパーク)
    鹿児島県鹿児島市山下町4
    地図はコチラ

※イベント自体は、入場無料です。
※雨天時の場合は中止となります。

 

シードボールとは?

 

日本の自然農法の創始者といわれる福岡正信さんが発案した農法のこと。
粘土に種子を入れて団子を作り、それを蒔くという方法です。
種子を粘土で覆うことにより、鳥や虫のエサになることを防ぎ、種子自身を乾燥から守ります。また、球体にすることで割れにくくもなっています。

与えらえた環境や条件に合うものだけが芽を出し成長できるという「地球に選ばせる植生」は、地球環境に負荷を与えない緑化を進める事ができるのです。

その与えられた環境や条件で模索し、まだ見ぬものを追及し、画策し、悩み、それでも成果が得られない事もあれば、何か関与できない大きな力によってもたらされたかと思うほどの作品ができあがることもある、そのことが、「アート」にとてもよく似ているなぁと思ったのが、このシードボールワークショップを始めたきっかけです。

 このシードボールは、世界中で砂漠の緑化の方法のひとつとしてワークショップが行なわれています。

砂漠の緑化では、球体であるシードボールが、地面と接した一点に日中と夜との気温差で生じた結露による水分が集まり、発芽させる仕組みになっています。

その土地の土や粘土、在来種の植物の種を約100種類ほど混ぜて作ります。水分の極端に少ない砂漠では、その朝露一滴で命が育まれてもいるのです。

たまたま地面と接したところに居合わせた、その土地に合う植物だけが芽を出せるという奇跡を待つシードボールは、地球に寄り添い、未来に夢とロマンをつなぐ素晴らしい取り組みだと思っています。

 

お問合せは、

NPO法人PandA(ぴーあんどえー) 担当:早川

TEL:099-295-3115
mail:panda@npo-panda.jp



sdws02

sdws03

sdws04

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

親子でみどりの未来とシードボールづくり

シードボール0817

親子でみどりの未来とシードボールづくり
~種にまつわるまきもどし編~

8/17(土) 10:00~12:00
かごしま環境未来館 1F 食工房と屋外ウッドデッキ

主催 かごしま環境未来館

受講料 1組500円

対象 鹿児島市内に住むか、通勤・通学している小学4年生以上の親子

定員 16名(親子5~6組)

持ってくるもの 帽子・飲み物・動きやすい服装・タオル・筆記用具・プリンカップ・ビニール袋(作ったシートボールを持ち帰るため)・ゴミ袋・お持ちの方はリュースポイントカード(当日作成可)

申込方法
未来館窓口かホームページの申込フォーム、往復はがき、FAX、Eメールのいずれかに、下記の内容をご記入の上お申し込みください。
①講座名 「親子でみどりの未来とシードボールづくり(8月17日開催)」
②郵便番号、住所
③氏名(ふりがな)※参加する方全員のお名前、年齢をご記入ください。
④年齢
⑤連絡先 (電話、FAX)
⑥お持ちの方はEメールアドレス
⑦託児 (6か月~小学2年生) 希望者は子どのの氏名(ふりがな)、年齢

申込締切 8月7日(水)必着
締め切り後に当落の通知を差し上げます。

申込・問合せ先
〒890-0041
鹿児島市城西2丁目1-5
かごしま環境未来館
担当 米永(よねなが)、餅原(もちはら)
休館日 月曜(祝日の場合はその翌日)
TEL 099-806-6600
FAX 099-806-8000
E-mail kouza@kagoshima-miraikan.jp
HP http://www.kagoshima-miraikan.jp

シードボール0817-2
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ホーム > ワークショップ事業 > シードボール作り

Return to page top